KINGSOFT Office

KINGSOFT Office (キングソフト オフィス) 2013 9.1.0.4060

Microsoft Officeとの互換性に優れたオフィススイート最新版

完全な説明を見ます

賛成票

  • Microsoft Officeのファイルの読み込み・書き込みに対応している
  • インターフェースを4種類から選べる
  • Officeファイルとの互換性が高い
  • 保存後も操作を元に戻せる機能がある

反対票

  • インストール後、Microsoft Office文書は自動的に互換される
  • 互換性が完全でない場合もある

良い
7


KINGSOFT Office 2013(キングソフト オフィス 2013)は、ワープロ、表計算、プレゼンテーションが一つになったオフィススイートソフトです。一般的に使用されているMicrosoft Office(マイクロソフト オフィス)と高い互換性を持ち、これらで作成された文書やプレゼンテーションなどをほとんど問題なく読み込めます。無料版は30日間の体験版です。オフィスソフトをアップグレードしたいけど、なるべく安くすませたい、という人はダウンロードを検討してみてはいかがでしょうか。

********************************************************************** KINGSOFT Office公式サイトはこちら **********************************************************************

KINGSOFT Office 2013は、オフィスソフトの使用経験さえあれば簡単に使用できます。ソフトはワープロの「Writer」、表計算の「Spreadsheets」、プレゼンテーションの「Presentation」で構成されています。読み込んだファイルの互換性だけでなく、Microsoft Officeの各ソフトとメニューや操作ボタンまで近いデザインや配置となっており、困ることなく使いこなすことができます。

KINGSOFT Office 2013のインターフェースは、「2013UI 黒」「2013UI 青」、従来のKINGSOFT Officeのインターフェースである「2012UI」、Microsoft Officeタイプの「クラシック」の4種類の中から、使いやすいタイプを選択できます。さらに、ファイルの保存後も「元に戻す」で保存前の状態に戻せるようになりました。また表計算のSpreadsheetsではMicrosoft Excel2007/2010形式(.xlsx)ファイルの保存に対応したほか、ファイルの最大行数・列数が大幅に拡大されました。自動フィルタでは「複数条件でのフィルタ」機能が追加され、複雑な条件でも一度の作業で済むので便利です。

KINGSOFT Office 2013はMicrosoft Officeとの高い互換性がありますが、インストール後は、PCに保存していたMicrosoft Office文書が自動的にKINGSOFT Office文書の形式で開く点にやや戸惑うかもしれません。また、ワープロ文書中に張り付けた表計算が機能しないなど、互換性が完全ではない点には注意が必要です。さらに、無料体験期間は30日間なので、その後も使い続けたい場合は有料版を購入する必要があります。

KINGSOFT Office 2013はMicrosoft Officeとの互換性に優れたオフィススイート最新版です。

<注意> ・ダウンロードボタンをクリックすると、キングソフトの公式サイトからダウンロードが始まります。

KINGSOFT Office

ダウンロード

KINGSOFT Office (キングソフト オフィス) 2013 9.1.0.4060